話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
スノーマン クリスマスのお話

スノーマン クリスマスのお話(評論社)

クリスマスならではの「奇跡」をお楽しみください。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
犬やねこが消えた

犬やねこが消えた

  • 絵本
作: 井上 こみち
出版社: Gakken Gakkenの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「犬やねこが消えた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年08月
ISBN: 9784052029585

小学校中高学年
A5・120頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

戦争では、多くの犬や猫も犠牲になった。愛するペットを殺されるとわかっていて差し出さなければならなかった人々の悲しみは、今も胸に深く刻まれている。著者はその記憶をたどりながら、戦争という狂気の時代がどんなものだったのかをつきとめていく。

戦地に赴く兵隊のために、犬や猫の毛皮を使って防寒具を作っていました。家庭のペットでさえも謙譲を強制され、人々の心に大きな傷を与えました。この本はそうした飼い主とペットの悲しい話、戦争の残忍さを描いたノンフィクションドキュメンタリーです。

ベストレビュー

知らなかった…です

先日終戦記念のテレビドラマがありました
毎年【平和】を考え観させて頂いてますが、犬や猫の当時の様子を知る事が無く、こんな事が行われていたんだ…という事実に驚愕しました

そしてこちらの絵本が出版されているのを知り、手にとりましたが…

正直、テレビよりも泣けました

映像の方が感情移入するものだと思ってましたが、涙で文字が滲むほど入り込んでました

わが家にも1匹の猫がいます
家族です!
その家族を奪われるなど考えた事がありません

戦争は人間のエゴでおこなってるもの
自然や動物、この地球そのものが傷ついている事を再認識してほしいですね
(たれれんさん 40代・ママ 男の子10歳、女の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



えほん新定番 from 好書好日

犬やねこが消えた

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット