新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ
よるになると

よるになると

作・絵: 松岡 達英
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥429

「よるになると」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年07月

出版社のおすすめ年齢:5・6歳〜
ページ数: 28 サイズ: 25X23cm かがくのとも 2009年7月号

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

昼の公園には花の蜜をもとめて虫たちが集まります。夜の公園では湿った枯れ葉をダンゴムシが食べています。昼の草原、夜の草原、昼の川、夜の川……。エサをとるため、捕食者に襲われないため、さまざまな理由で生き物たちは生活する時間帯を持っています。昼間の様子からは想像できない、夜の活動。生き物たちがくらす昼と夜の世界を丁寧に描いていきます。

ベストレビュー

自然界の昼と夜

昼の野に飛んでいる昆虫や、水の中に生息している魚の姿を、何げなく眺めていても、夜の行動についてはまったくといっていいほど、実態を知りません。
この絵本を通じて、夜行性の生き物の別の姿を知ることができます。
ただ、登場する生き物が多くて、雑然としているので、気になる生き物が特になければ、眺めるだけになってしまいそうです。
生き物の名前索引があると良いですね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

よるになると

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら