なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
たまごのマイティナナのえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たまごのマイティナナのえほん

作・絵: ロコ・サトシ
出版社: ナナコーポレートコミュニケーション

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たまごのマイティナナのえほん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

めぐる、いのち

2歳中ごろの子供と読みました。

「ばくはつマイティ」の続編のようです。
私たちは「たまごのマイティ」のほうを先に読んだのですが、子供よりも、親の私のほうが、そのインパクトにやられてしまいました。

卵から生まれたねこのマイティは、請われるままに、手や足や顔をいろんな生きとし生ける者たちに譲っていきます。
そして、感謝される。
最後にはいなくなってしまうのかと思いきや、マイティは、もう一度たまごになって、新しく生まれてくるのです。

輪廻転生?と思って感服したのですが、マイティを描くビビッドな明るい色遣いからは、平和で幸福なイメージが伝わってきます。
「私たちはこうやってめぐっていくんだ」と、親の私が納得させられました。
図書館で借りた本でしたが、購入しようと思いました。

子供にはそこまで伝わらないみたいで、どちらかというと、「ばくはつマイティ」のほうが面白いようでした。
(どまどまさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロコ・サトシさんのその他の作品

マイティとお月さま / マイティのworld news / ばくはつマイティ



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

たまごのマイティナナのえほん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット