まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ああ保戸島国民学校
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ああ保戸島国民学校

作: 小林 しげる
絵: 狩野 富貴子
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784580820647

A5判・ 184ページ

出版社からの紹介

1945年春、大分県の小さな島にも戦争の影が濃くなる中、軍人にあこがれる洋太は今日も仲間と兵隊ごっこ。ところが二人の兄の戦死公報が届き、それがもとでお母は病死。悲しみにくれる洋太はやがて運命の日を迎える。

大分県の保戸島には、1945年(昭和20年)7月25日、アメリカ軍機によって国民学校が爆撃され、児童百数十人が犠牲になるという痛ましい歴史があります。「アメリカ軍はなぜ、子どもたちが勉強中の学校を爆撃したのか?」──犠牲となった子どもたちと同世代の作者は、この小さな島を舞台にした物語を書くことによって、もう一度あの戦争の時代を生き、戦争とは何かを問いかけます。(『文研出版編集部からのおすすめ』より)

ベストレビュー

痛ましい歴史

アメリカ軍はなぜ、子どもたちが勉強中の学校に爆弾を落としたのだろう・・?
作者は保戸島の痛ましい歴史をに対する疑問をもとにこの物語を書いたとのことです

戦争時代であっても子どもたちは、子供らしく元気に遊び暮らしてました
でも戦局が厳しくなるん連れ、生活も命も危ういものに・・・・
兄弟の戦死や、母の病死・・・

学校が狙撃された後、必死にわが子を探しまわる親たち・・・

今回の震災での大川小学校の父兄の方々と重なりあいました・・・

作者の考えは、「戦争は普通の神経では考えられないような事を平気でするようになる・・・」と非国民とされていた青年の言葉を借りて訴えています
人の心までも狂わせてしまう、戦争の恐ろしさ、愚かさを残されたものが決して忘れず、平和な世界を作っていかなければならないと、強く強く感じました
長編ですが小学校高学年で読めると思います
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小林 しげるさんのその他の作品

ぼくのマルコは大リーガー / けん太と山どり / こん虫博士の大冒険

狩野 富貴子さんのその他の作品

ひみつの花園 / なかよしおまもり、きいた? / モモンガくんとおともだち / 戦争と平和のものがたり(2) 一つの花 / 白い自転車、おいかけて / おばあちゃんはかぐやひめ



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

ああ保戸島国民学校

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット