話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(Gakken)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
バトンは夢をつなぐ チーム朝原の挑戦

バトンは夢をつなぐ チーム朝原の挑戦

  • 児童書
作: 折山淑美
出版社: Gakken Gakkenの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784052031335

小学生(中学年)〜中学生
A5 148頁

出版社からの紹介

<編集者の声>
4×100mリレーの銅メダル。『チーム朝原』が北京五輪で成し遂げた快挙だ。選手1人1人の力では及ばない日本がどうしてメダルを獲れたのだろうか。
一つは、日本短距離チームの研究の成果だ。チームは、日本に合ったバトンパス方法として、世界ではあまり使われていないアンダーハンドパスを採用した。これをものにすることで、バトンパスの失敗はほとんどなくなり、世界大会で決勝の常連となった。そして、一番大切なのはチームのつながりだ。第2走者の末續は、「気持ちを乗せてバトンを渡している」と言う。第3走者の高平は、「どうやったらバトンでミスをするんだろうと思うくらいだ」と言う。すごい信頼関係だ。
日本チームの挑戦はまだ終わってはいない。『チーム朝原』のDNAを確かに受け継いだ新チームの挑戦は、もう始まっている。
北京オリンピックで銅メダルを獲得した男子400mリレーチーム。
五輪トラック種目では80年ぶりとなる快挙だった。個人ではメダル
が難しい短距離種目でどうしてメダルがとれたのか、また、オリン
ピック、リレーに対する熱い思いをメンバーが語る。
スポーツノンフィクション。

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、評論、随筆、その他 > バトンは夢をつなぐ チーム朝原の挑戦

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

バトンは夢をつなぐ チーム朝原の挑戦

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット