しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
わたしはクジラ岬にすむクジラといいます
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしはクジラ岬にすむクジラといいます

作: 岩佐 めぐみ
絵: 高畠純
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年04月
ISBN: 9784035010609

小学中級から
22cm×16cm 102ページ A5判

出版社からの紹介

見知らぬ誰かからの返事を期待して書いたクジラ先生の手紙は、いろんなクジラを岬に呼び寄せ思いがけない話が持ち上がることに。

ベストレビュー

クジラ先生の本名は「クジえもん」くん。

シリーズ1作目「ぼくはアフリカにすむキリンといいます」より、ずっとテンポがよくなって、更に読みやすく楽しいお話になっていました。

正直、今回クジラ先生が主人公?ちょっと、読者の子どもたちには、主人公の年齢層が高すぎないかな〜?と、思ったのですが、そんなことありませんでした。

長く生きている割に、どこか子どもっぽい可愛いクジラ先生の本名は実は「クジえもん」だったことが分かったり、
若い頃、潮吹き大会の金メダルをもらっていたことがわかったり、
初恋のクジラや仲の良かった昔の仲間たちが登場し、何とも賑やかで良かったです。
また、前作のペンギンくんとキリンくんやアザラシ配達員も大活躍!
素敵なエピソードも加えられ、物語を盛り上げてくれていました。

うちの子どもたちはちゃんとは読んでくれませんでしたが、高畠さんのイラストが気になるようで、私が読んでいるとき
「あっ!ペンギン探検隊の新刊?」と、のぞかれました。

シリーズも作家も違うけど、面白いですよ。小学校の低学年から中学年くらいにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩佐 めぐみさんのその他の作品

おいらはコンブ林にすむプカプカといいます / オットッ島のせいちゃん、げんきですか? / ぼくはアフリカにすむキリンといいます

高畠 純さんのその他の作品

空で出会ったふしぎな人たち / モンスター・ホテルでパトロール / ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / イソップ物語



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

わたしはクジラ岬にすむクジラといいます

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット