あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
花守の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

花守の話

作: 柏葉 幸子
絵: 安藤 貴代子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「花守の話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784062832168

四六判・103ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

神さまが通る桜道を守る鬼と小学4年生の瞳子(とうこ)のふしぎな桜物語

ちょっとふしぎなおばあちゃんが、1本の電話を受けてむかった先は、人間のいたずらから神さまの道を守ろうとする花守のいる山だった。こわそうな花守に頼まれて、瞳子とおばあちゃんがさがしにでかけたものは――?

ベストレビュー

春を待つ頃にぜひ

季節感があっていいですね〜。早春の、まだ固い桜のつぼみの頃、ヒンヤリとした夜を思いました。山を登ると、まだ積雪。
桜は、山神が田の神になるための道筋。なんて素敵な伝承でしょう。本当にありそう。
春の夢を見せてもらえるような本ですね。
これは節分を迎えてから春爛漫までの、あと少しの辛抱という頃に読むのがオススメですかね♪

不思議エピソードや母親と祖母の関係、孫の関係などはよかったのですが、もっともっと膨らみそうな話だったので、途中で終わった感が否めません。せめて桜見してから終わってほしかった〜。
新聞に連載されていたようなので、ページ数が限られていたのでしょうね。もっと読んでいたい、そんな素敵なお話でした。
この後編が、先に読んでしまった『狛犬「あ」の話』だそうで再読したいです。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柏葉 幸子さんのその他の作品

モンスター・ホテルでそっくりさん / モンスター・ホテルで ピクニック / おしごとのおはなし パティシエ 父さんはドラゴン・パティシエ / 遠野物語 / モンスター・ホテルで ごしょうたい / ポプラ世界名作童話(1) 赤毛のアン

安藤 貴代子さんのその他の作品

狼ばば様の話 / 狛犬「あ」の話



葉祥明さんの描く不朽の名作

花守の話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット