もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
バラク・オバマ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バラク・オバマ

  • 絵本
作: ジョナ・ウィンター
絵: AG・フォード
訳: 大原敬子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「バラク・オバマ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784569689821

小学中級以上
A4判変型上製

出版社からの紹介

アメリカ初の黒人大統領となったオバマさんの、子ども時代から大統領に就任するまでを描いた初めての絵本。

ケニア出身の黒人の父とアメリカのカンザス州出身の白人の母の間にハワイで生まれたオバマさん。両親が離婚し、新しい父と暮らすためインドネシアに向かいます。しかし、小学校では友だちと言葉や肌の色の違いからうまくとけこめず、オバマさんは母と離れ、アメリカンスクールに通うため、ハワイの祖父母の元で育てられます。白人でもない、完全な黒人でもないオバマさんは、いつも、「自分は何者か」「自分の家族はだれか」「自分の居場所はどこか」を問い続けて成長しました。

大学卒業後、シカゴで貧しい人たちの自立を助ける仕事をしても報われず、教会でお祈りをしているとき「自分が助けた人はみな家族なのだ」と悟ります。

「希望」と「変革」という言葉で語りかけるオバマさんは、尊敬するキング牧師の夢をかなえ、ついに大統領に!

ベストレビュー

オバマ氏の苦悩と栄光

ある方から娘に・・・といただいたのですが
まだ娘にとっては難しかったようで一度読んだら「もういい!」と言われてしまいました。
私が読んでみるとオバマ氏が幼少の頃はとても苦労をして
黒人と白人のハーフであることで
自分は一体何者なのだ??と常に自問自答していた苦悩を知り
胸が痛む思いがしました。
努力努力!の人だったのですね。
黒人で初めての大統領になるという栄光を掴むまでの軌跡をぜひ親子で読んでみてください。
娘とももう少ししたら一緒に読めるかなと期待しています。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大原敬子さんのその他の作品

偉人のことば ジョン・F・ケネディ 君らしく生きてみよう



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

バラク・オバマ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット