ねんねのうた ねんねのうた
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おばけたちと仲良くなって、ぐっすり眠りにつくまでのお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ピピンとトムトム 怪盗ダンダンの秘密
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピピンとトムトム 怪盗ダンダンの秘密

  • 児童書
作: たかどの ほうこ
絵: さとう あや
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784652013144

168ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ドレミファ荘に住むピピンは、なかよしのトムトムと真夜中の足音の謎を追う。100歳のおばあさんチェントさんも冒険に加わる。

ベストレビュー

どっちかヒピンでどっちがトムトムか?

たかどのさんの新刊が出たことを知らなくて、図書館で見つけました。
最初は一人で読んで、その後息子に読みました。

息子にはまだ少し難しいようなところもあったようですが、たかどのさんのお話、要所要所に笑いがあるので、何とか最後まで読むことができました。

息子の最初の関心はどっちかヒピンでどっちがトムトムか?ということでした。

息子は表紙を見て当たりをつけたようで、本を読んで当たっていたので喜んでいました。

読んでみて、今後シリーズができたらうれしいなと思いました。

ドラさんも100歳のおばあさんのチェントさんもとても魅力的な大人に思えました。子どもがつきあいたい大人っていますよね。子ども心を忘れない楽しい大人、そんな大人です。

息子は100歳のおばあさんが、天国に行くために、良いことの数と悪いことをした数をポイント制にして計算しているのがおもしろかったようです。

私はロマンスの方にも惹かれました。


たかどのさんの作品って、読み手がおもしろいと思うツボを上手に押さえてあるので、読みやすくてとても楽しいです。

絵本だけでなく、児童書のたかどの作品をこれからも期待しています。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

たかどの ほうこさんのその他の作品

グドーさんのおさんぽびより / くだものっこの花 / ちゃめひめさまとペピーノおうじ / まあちゃんのすてきなエプロン / つきよの3びき / ポンちゃんはお金もち

さとう あやさんのその他の作品

ぴりかちゃんのブーツ / ランドセル名作 3つのとんち /長ぐつをはいたねこ・一休さん・うさぎどんきつねどん / ネコの家庭教師 / ペルペルの魔法  / よんでよんで / ようふくなおしのモモーヌ



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

ピピンとトムトム 怪盗ダンダンの秘密

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット