ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(1) 赤ずきん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(1) 赤ずきん

  • 絵本
作: いしいしんじ
絵: ほしよりこ
出版社: フェリシモ出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,286 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784894324909

182o×242o・80ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


“おはなし”を通して、たからものをたくさんお届けしたい

みどころ

フェリシモ出版の「おはなしのたからばこ」シリーズ1巻は、作家いしいしんじさんとマンガ家ほしよりこさんが描く『赤ずきん』。

「赤ずきん」と言っても、オオカミやおばあさんが出てくるおなじみの「赤ずきん」とはがらっと違う、大人の「赤ずきん」です。
何と言っても、書き出しが「あたい 赤ずきん」。
彼女がまとっているずきんは透明で、目には見えない。
そして、透明な犬(名前はおおかみ)と一緒にいて、ドンデコスタ丸で夕陽の向こうに消えていった男性ジローを思い続けている。
綴られているいくつかの物語は、ファンタジーのようでもあり、どこにでもいる女性のお話のようでもあり……。

誰にだって、当たり前のように続く日常に、疲れてしまうときがあると思います。
がんばっているこの人生は、いつか報われるんだろうかと思ってしまったり、この日々はどこかにたどり着くことはあるんだろうかと考え込んでしまったり……。
そんな疲れた夜にそっと開き、静寂の中、何も考えずにいしいしんじさんの文章の心地よさと、ほしよりこさんの描くイラストの透明な世界に、ただただ浸ってみて下さい。
カチコチに固まっていた心が、ゆっくりとときほぐれていくことと思います。
お供には、ぜひこの本の赤ずきんが好きなリンゴジュースをどうぞ。この絵本の世界に、よりひたれるかも?

(洪愛舜  編集者・ライター)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(1) 赤ずきん

出版社からの紹介

「あたい赤ずきん。」で始まるいしいしんじさんの文章に『きょうの猫村さん』のほしよりこさんが同時進行で絵を描いた、
深い思索に富む創作絵本がボリュームアップして登場。どこにもない一冊です。

ベストレビュー

赤いリトマス試験紙

 先日『絵本の心理学−子どもの心を理解するために』などの著書がある教育学の佐々木宏子先生の講義を聴く機会があった。
 その中で「昔話の面白さと深さ」という単元で、この絵本を紹介されていたのが、読むきっかけになった。
 『赤ずきん』という昔話は誰でも知っているだろう。もともとが民話の類だったようで、それをペローが作品に仕上げていったといわれる。
 グリム童話で読んだ人も多いだろう。
 この作品を佐々木先生は「世代で解釈出来る物語」と位置付けて、さらには「世代間継承で変化する物語」として、いしいしんじ氏のこの絵本を紹介したのだ。

 作者のいしい氏は1966年生まれ。(絵は『きょうの猫村さん』のほしよりこさん)
 ペローやグリムの時代から遠く隔たった世代である。
 ここでは「赤ずきん」というのは記号のようなものでしかない。きっとタイトルと表紙絵でこの絵本を手にした読者はびっくりするだろう。
 「えっ、これが『赤ずきん』?」って。
 「あたい赤ずきん」という女の子はいくつぐらいだろう。マグロ船ドンデコスタ丸で出ていったジローの帰りを待っている。
 彼女の「赤ずきん」は透明で、まわりの人には何も見えない。でも、彼女の目には「真っ赤っ赤」に見えるし、今はいないジローにも真っ赤に見えたはず。
 そんな話ってある?

 「赤ずきん」とジローは嵐の晩の箱根ターンバイクで一緒に走ったことがあるらしい。
 その時、ウィンドゥから半身を乗り出した彼女は真っ赤な「赤ずきん」をなびかせていた。
 そんな「赤ずきん」の話ってある?
 佐々木先生は「時代を越えてよみがえる」から昔話は面白いと話されたが、私にはどうにもこうにも。
 佐々木先生は「親の世代が「理解できない」ことを排除するならば、新しい価値は生まれない」というが、この作品には「裸の王様」のような仕掛けがありはしないか。
 「赤ずきん」なんか見えないよ、というべきではないか。
 それともやはり、彼女とジローに見える「赤ずきん」を愛の記号として認めるべきか。
 あなたは、この感覚についていけるだろうか。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いしいしんじさんのその他の作品

そのように見えた / 絵描きの植田さん / トリツカレ男 / いぬなんてだいきらい

ほしよりこさんのその他の作品

逢沢りく 下 / 逢沢りく 上



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(1) 赤ずきん

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.17

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット