うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
あなはほるもの おっこちるとこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あなはほるもの おっこちるとこ

  • 絵本
作: ルース・クラウス
絵: モーリス・センダック
訳: わたなべ しげお
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥920 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年
ISBN: 9784001151404

4.5歳以上

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ちいちゃいこどもたちのせつめい――顔や手,犬やねこなど,身ぢかに見聞きするものを素材に,幼い子どもたち自身が天真らんまんに発想した定義集の絵本.センダックの絵がなんとも愛らしい.

ベストレビュー

子どもの感覚

幼子の身の回りにあるいろいろな物、幼子が体験するいろいろなこと。
それをどう見ているのだろうか。
書かれている子どもたちの視線と、自分の感覚とのずれを楽しみました。
子どもたちは、大人の常識にとらわれない、常識を飛び越えた発想で、身の回りをとらえているのだと感じます。
さりげないことの一つ一つが、妙に新鮮で納得させられました。
きっと子どもたちは、自分の視界で世界に多いな関心を持ち、楽しんでいるのです。
それが大人にとって、ほとんど無関心になっていることも含めて。
子どもたちの感覚を紡ぎだしたクラウスさんに感服です。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルース・クラウスさんのその他の作品

ちょうちょのために ドアをあけよう / ぼくはきみで きみはぼく / 大きくなるってこんなこと! / くま! くま! くまだらけ / さかさんぼの日 / にんじんのたね

モーリス・センダックさんのその他の作品

とてもとてもサーカスなフロラ / わたしの兄の本  / そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう? / ムーン・ジャンパー

わたなべ しげおさんのその他の作品

みてるよみてる / ぞうのホートンひとだすけ / みてるよみてる(大型本) / さとうねずみのケーキ / おまわりさんのスモールさん / ちいさいヨット



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

あなはほるもの おっこちるとこ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット