おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
おふねにのるニャン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おふねにのるニャン

作・絵: 谷川晃一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「おふねにのるニャン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年08月

ページ数: 28 サイズ: 26X19cm こどものとも年中向き 2009年8月号

出版社からの紹介

「のりたいな、のりたいな、おふねにのるニャン、どんな ふね」と興味しんしんのねこたちが、さまざまな船に乗り込みます。豪華客船、遊覧ボート、モーターボート、釣り船……。鮮やかな色彩で描かれた船が、海と空に挟まれて、すすみます。楽しい想像を育みながら。

ベストレビュー

船旅

この絵本を読んでいると、やっぱり船旅がしたくなりました。

九州、四国、お伊勢さん、伊良湖へと懐かしさでいっぱいになりました

最近では、近場で車ばかりです。ページを捲るといいなあって羨ましく

なりました。豪華客船にやっぱり乗って、ランチバイキングをしてお腹

いっぱい食べたいと思いました。

「ぴかぴかぶね」は、お星様までぴかぴかで夢いっぱいになりました。

キラキラ輝いていると心まで満たされていきました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

谷川晃一さんのその他の作品

うそうさぎ / こりゃなんだうた / サカサあそび オカのカオ / バスがきました / ニャンニャンシティマラソン / いろいろぼうし



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

おふねにのるニャン

みんなの声(9人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット