ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ピカドン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピカドン

作: 木下蓮三
絵: 木下小夜子
出版社: ダイナミックセラーズ出版

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ピカドン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

原爆について知って欲しい時にオススメ

先週の土曜日は、8月6日。
今、私は、広島に住んでいるので、8時からの広島平和記念式典に参加してきました。
また、18時からの灯篭流しも見ました。
その後、原爆に関する絵本を何冊か読んだのですが、その中でもとびきりの一冊です。
読後感は、凄いの一言。
そして、この出来事は風化させることなく、次世代に、そして世界に伝えていかないといけないと、深く思いました。

文章は、最初にある
「1945年8月6日、 午前8時15分、
広島市民の上に、人類史上初めて、
1発の原子爆弾が落とされた。
人々はその時の太陽の百倍の閃光を
“ピカッ”と言い、続いておそった
衝撃波を“ドン”と呼んだ。」
という文章しかありません。

それからは、まるで映画の1コマ1コマを見るように絵が描かれています。
それは、今までの絵本で出会ったことのない手法。
著者の木下 蓮三氏は、TV番組「ゲバゲバ90分」「カリキュラマシ−ン」等で一世を風靡、CMで国際賞を多数受賞とあったので、納得できました。
最初は、戦時中ではあるものの、家族との触れ合いの中に幸せを見出している、そんな人々の風景が描かれています。
生活は困窮していても、家族がいるからという、ささやかな幸せです。
それが、原爆の投下のシーンから地獄絵図に変貌します。
これが真実なのですが、とても直視できるようなものではないかも知れません。

巻末に絵の説明があり、英訳も掲載されています。
その文章を読むと、日本国内のみならず、世界中に伝承していかなければならない、そんな思いにかきたてられてしまいました。
ただ、対象年齢は難しいものがあります。
多感なお子さんだと、夜寝れなくなってしまうかも知れません。
冷静に現実を見据えることが出来る中学生以上が、適齢かと思います。
大人の方にも、是非読んで認識を新たにして欲しい、必読の一冊としてオススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

ピカドン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット