庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ちょっとのけんかもときにはゆかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちょっとのけんかもときにはゆかい

  • 絵本
作・絵: ジェイムズ・マーシャル
訳: 安藤 紀子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ちょっとのけんかもときにはゆかい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年2月
ISBN: 9784033278704

対象年齢 小学初級から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

けんかをしても、すぐに謝ったり、がまんしたりする仲良しのカバたち。ユーモアと人間味がたっぷり楽しめる五つの話が入った絵本。

ベストレビュー

けんかするほど、仲がいい?

仲良しのカバ、ジョ−ジ(雄)とマ−サ(雌)のシリ−ズ3作目で、やはり5つの短いお話からできています。
いくら仲良しでも、ささいなけんかはしょっちゅう起こります。(けんかするほど、仲がいいといいますものね。)例えば、ジョ−ジがひとりで逆立ちの練習をしていると、マ−サがおしゃべりをしにやってきます。「だめだよ。ひとりでいたいんだ。」とジョ−ジがきっぱり断ると、マ−サは怒って帰ります。「あんたの顔なんか、二度と見たくない!」と電話までします。でも、こんな時どうすればよいか、マ−サはちゃんとわかっていたのです。
おなかの底からゲラゲラ笑い合える相手がいるっていいな、とラストのお話で思えます。
のほほんとしたカバたちの絵が、なかなかいい味出してます。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ジェイムズ・マーシャルさんのその他の作品

おいしそうなバレエ / 親友だってひみつはひみつ / カバなふたりはきょうもいっしょ / わにのアーサーおよばれにいく / おにいちゃんってたいへん! / 買いものカートでゆかいなレース

安藤 紀子さんのその他の作品

みみずくのナイトとプードルのデイ / クリスマス / 24の怖い話 / ほんとうにあった12の怖い話 / コウノトリのおはなし えんとつのうえの車輪 / 12の怖い昔話



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ちょっとのけんかもときにはゆかい

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット