雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
リトル・ポーラ・ベア ぼくのだいすき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リトル・ポーラ・ベア ぼくのだいすき

作・絵: ハンス・デ・ビア
出版社: ノルドズッド・ジャパン

本体価格: ¥480 +税

「リトル・ポーラ・ベア ぼくのだいすき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年1月
ISBN: 9784901492171

対象年齢 3才から
関連
リトル・ポーラ・ベア ぼくのともだち

出版社からの紹介

北極にすむ、しろくまぼうやラルスは、毎日が楽しいことでいっぱい。

ベストレビュー

いろいろなともだちがいる。

しろくまラルスの続きの話。
今度は友達の紹介の巻。うさぎにはうさぎの、うみかもめにはかもめの上手な遊びがある。それはその動物としての習性みたいなものなんだけど、作者のハンス氏は、そういう所を上手に描いてくれていると、思います。
ラルスは、彼らの特技を尊重しているのか、いないのか、これをやる時は、この子と遊ぶのが楽しい。これをするのはこの子が一番上手。みたいに友達を紹介してます。
1人1人の個性を受け入れられる。こういう考え方が、うちの子たちにも育って欲しいなぁと思います。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、2歳)

出版社おすすめ


ハンス・デ・ビアさんのその他の作品

みどりのヘルガ / リトル・ポーラ・ベア ぼくのともだち / リトル・ポーラ・ベア ラルスとおくびょううさぎ / リトル・ポーラ・ベア ラルス、どこへゆくの? / リトル・ポーラ・ベア もどっておいで! / しろくまくん、ふねにのる



光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

リトル・ポーラ・ベア ぼくのだいすき

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット