あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ツバメの歌
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ツバメの歌

  • 絵本
作・絵: レオ・ポリティ
訳: 石井 桃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

「ツバメの歌」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ツバメの歌」は,ポリティのコールテコット賞受賞作.やわらかい色彩の美しい絵本.「ロバの旅」の文章は,ニューベリー賞を受けたクラーク.南米を舞台に,小さなロバの旅を詩情豊かに描きます.

ベストレビュー

昔懐かしさのある

年齢的に低学年ぐらいから楽しめる作品が多いので、岩波子どもの本、見つけると読んでいます。

どこか昔懐かしさのある、今の子どもたちからするとちょっと淡々としていると感じるお話かもしれません。

ただ、二話のお話はそれぞれに味わいがありました。

「ロバの旅」の方は何かを見つけるために旅をするロバ。その探し求めるものは何なのか?に惹かれました。「ロバの旅」の方は哲学的な味わいがあると思いました。

「ツバメの歌」は最後にほっとしました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 桃子さんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プーのはちみつとり / プー あそびをはつめいする / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

ツバメの歌

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット