新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
こぶたのぶうぶはほんとにぶうぶ?

こぶたのぶうぶはほんとにぶうぶ?

作: あまん きみこ
絵: 武田 美穂
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784774611365

出版社からの紹介

こぶたのぶうぶは自転車にのって森にいった。すると、どろんこ道が!「びちゃびちゃゆかい!」
そして、どろんこになったぶうぶは、おおかみに出会ったけれど、 おおかみはぶうぶのことを「ひゃあ、おばけ!」だって。ぼくは、こぶたのぶうぶだよ。でも、だんだんぶうぶは思います。
「ぼくは、こぶたのぶうぶだったけ?」 ちょっぴり哲学風味ただようかわいいこぶたのぶうぶの絵本です。

ベストレビュー

当然どろんこ道を選んじゃう

あ〜ん、自転車乗れたんだ〜。
そうそう、遠出したくなりますね。

きれいな道とどろんこ道があったなら、当然どろんこ道を選んじゃうのが子どもたち。

水たまりばかり見て進んできたので、気付いたらおかあさんが行っちゃだめって言っていた森に来てしまっていたぶうぶ。

そして、くろいおおかみに遭遇するのですが、泥まみれのぶうぶにおおかみは、・・・・・・。

やっと森の外に出て、なかよしきつねのこんたに会ったのに、・・・・・・。

おばけと呼ばれて、ぶうぶは自信が無くなり家へ、・・・・・・。

おかあさんは、ひとめでぶうぶに気づいて、・・・・・・。

そうそう、命にかかわる時は、優しいかあさんもぶうぶのおしりをぶちますねぇ〜。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,090円
1,100円
990円
1,430円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,210円
935円
2,860円
770円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

こぶたのぶうぶはほんとにぶうぶ?

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら