話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー むしゃむしゃおそうじ

PUI PUI モルカー むしゃむしゃおそうじ(フレーベル館)

大人気シリーズ最新刊!

  • 笑える
  • かわいい
よだかの星

よだかの星

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 小林 敏也
出版社: パロル舎

税込価格: ¥1,815

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年04月
ISBN: 9784894191198

39ページ

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

宮沢賢治自身をもっと知りたいと
思いました。

作者が書いた絵本で注文の多い料理店以外は
評価されたのは彼の死後だったと思います。

肉親の死
理想の世界を求めて生活するものの
貧困、非難の目

または彼がもっている宗教観

よだかイコール彼自身だったのでしょうか。

この絵本を考えるにはもっともっと宮沢賢治文庫を
読まなくては思いました。

唯一つ静かな気持ちになったのは
「青」という
カラーが最後によだかに使われていたこと。

同系のかわせみ以外にごみ、くず、無色で存在自体がないような扱いを
受けてきて、打ちのめされているように書かれている
よだかに

最後「青」というカラー、存在が記されていて
何か心に残るものを感じました。

究極の境地で死を選ぶものの心境は・・・
私にはわかりませんが
どのような理由があっても
肯定してはいけないと言うことが前提で、

きっと宮沢賢治さんも
ファンタジーなので昇華、
表現したかなと思いました。
(苺ママさん 30代・ママ 女の子4歳、男の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
    出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • わたしとなかよし
    わたしとなかよしの試し読みができます!
    わたしとなかよし
    出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    「わたしは わたしをだいじにするの」自分を好きなること、大事にすることを伝える絵本



20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

よだかの星

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット