貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
黄いろのトマト
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黄いろのトマト

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 小林 敏也
出版社: パロル舎

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「黄いろのトマト」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年06月
ISBN: 9784894192751

AB判(184×192)・48頁

出版社からの紹介

ギザギザの青黒い葉の間から、
まばゆいくらゐ黄いろなトマトがのぞいてゐるのは
立派だった。だからネリが云った。
『にいさま、あのトマトどうしてあんなに光るんでせうね。』
ペムペルは唇に指をあててしばらく考えてから答へてゐた。
『黄金(きん)だよ。黄金だからあんなに光るんだ。』
『まあ。あれ、黄金なの。』ネリがすこしびっくりしたやうに云った。
『立派だねえ。』
『立派だわ。』
博物館の剥製の蜂雀が語った、兄妹のものがたり。

ある日、野原のむこうから風に乗ってきこえてきた音楽。
探しに出かけたペムペルとネリが見たのは、サーカスの行列だった。
ふたりはサーカスの中に入ってみたくなったのだが……。

賢治哲学の根幹に触れる重要作品。

「だからね、二人はほんたうにおもしろくくらしてゐたのだから、
それだけならばよかったんだ。……」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

宮沢 賢治さんのその他の作品

注文の多い料理店 / 貝の火 / ざしき童子のはなし / どんぐりと山猫 / 雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚

小林 敏也さんのその他の作品

猫の事務所 / ざしき童子のはなし / シグナルとシグナレス / 銀河鉄道の夜 / 土神と狐 / 蛙の消滅



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

黄いろのトマト

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット