雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ちいさなあかいバス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなあかいバス

  • 絵本
作・絵: 高羽賢一
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちいさなあかいバス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784893257451

27×22cm・32P

出版社からの紹介

バスと小さな女の子の心やさしいメルヘンいなかの村と町の間を、年をとって古くなった小さな赤いバスが走っていました。
バスにはたったひとつだけ楽しみがありました。
それは、晴れた日には必ず赤い風呂敷包みを持った小さな女の子が乗ってくること。
女の子は、病気のお母さんに代わって、お父さんにお弁当を届けに行くのです。
そんなある日、バスは故障して修理に出されることになって…。
年を経たバスと、家族思いの女の子のふれあいを描いたものがたり。
現代絵画でも活躍している画家、高羽賢一の新しいのにどこかなつかしいイラストが必見!

ベストレビュー

不思議な世界観

のりもの好きの息子のために図書館で借りてきました。
お城のような建物があったり、でも内容は昔の日本のようであったり、ありそうでなさそうな、不思議な世界観でした。

内容はバスというよりは、女の子のお話という感じでした。
悲しい結末だったらいやだなぁと思っていましたが、そうではなかったので安心しました。
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!



やんちゃなデイビッドはママにおこられてばかり!でもね…

ちいさなあかいバス

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット