日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
はしれ江ノ電 ひかりのなかへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はしれ江ノ電 ひかりのなかへ

作: 金子章
絵: 渡辺 有一
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年10月
ISBN: 9784569681986

出版社からの紹介

内容:江ノ電の運転手になりたい??心臓に病をかかえた少年の夢をかなえた実話。残り少ない命と知った少年の父とボランティアの努力が実る!!

解説:治療の困難な心臓病におかされた少年が大好きな電車に乗りたいという夢をボランティアの協力によりかなえたこの感動の実話を基に描いたノンフィクション絵本。 彼の名は、新田朋宏君。大学病院で病気の治療をうけていたが、もう外出もできない。彼が電車が好きなのは、亡くなった母親が幼い時に電車のおもちゃを買ってきてくれたからだ。難病のこどもの夢をかなえるというボランティア団体の力をかり医師や江ノ島電鉄の協力のもと、朋宏君は江ノ電に乗ることができた。傍らにはドクターズカーを走らせながら。江ノ電から見える海、電車をとりかこむ生活のにおい、コトンコトンと響く心地よい電車のリズム……病気と共に生活してきた朋宏君の生きている実感の十二分に味わえる瞬間だったにちがいない。 その3日後、「ぼくうまれてきてよかった?」その問いに父親から「もちろん」そうきいた彼はこの世から旅立ちました。命とは、夢とは、そう問いかける感動の一冊。

ベストレビュー

胸がじーんときてしまいます

 電車好きの息子が図書館の棚から持ってきた絵本でした。
明るいお話なのかな?と思っていましたが、読み終えた時には胸がじーんときてしまい、暫くは何も言えませんでした。
翌朝、主人が「どんなお話だったの?」とテーブルの上においてあるこの絵本を息子に尋ねた時、
「かわいそうなお話で電車の運転手になりたかった男の子が死んじゃったの。お母さんと同じ病気(心臓病)で2人共死んじゃったんだよ。でも1日だけ江ノ電の運転手さんになれて、良かったんだよ」
って、ちゃんとお話を理解しているようで、びっくりしました。
運転手になりたい夢を小さい時から持ち続けたとも君、その夢の力で最後の力を振り絞って生きることが出来ました。
夢を実現させてくれた方々の優しい気持ちが沢山詰まっていることも分かりました。
この絵本を発行させることに携わった、とも君のお父さん、たまらないお気持ちだったでしょうね。
とも君は1日だけでしたが、江ノ電の運転手さんになれて、幸せでしたね。
親子で感動しました、有難うございました。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


金子章さんのその他の作品

あっ!じしん / 江ノ電にのってごとごとごっとん / ふくろうの森

渡辺 有一さんのその他の作品

ねこの ひけしや / ぼく、おおきくなるからね / ねこのでんきや スイッチオン / ギンジとユキの1340日 / ねこまるせんせいとせつぶん / まよなかのたんじょうかい


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > はしれ江ノ電 ひかりのなかへ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

はしれ江ノ電 ひかりのなかへ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.83

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット