あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
アベルの島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アベルの島

作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: 麻生九美
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年05月
ISBN: 9784566010727

A5変型判・上製・174ページ

出版社からの紹介

のんきな町ネズミのアベルは、ある日ピクニックにでかけて嵐に出あい、無人島に流される。
愛する妻のもとへ帰るという決意を胸に、大自然の中でたった一人どうにか生きのびようとするが…。
苦難を乗りこえ、強くたくましく成長してゆくアベルの、心あたたまる愛の物語。
★フェニックス賞

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウィリアム・スタイグさんのその他の作品

くぎになったソロモン <新訳> / 馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / きいろとピンク 新装版 / みんなぼうしをかぶってた / ピッツァぼうや

麻生九美さんのその他の作品

メロップスのわくわく大冒険 (2) / メロップスのわくわく大冒険 (1) / モンティー / 3人のちいさな人魚



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

アベルの島

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット