宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
このラッパだれのかな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

このラッパだれのかな

作: まど・みちお
絵: 中川 宗弥
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784916016874


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

おおきなラッパ、ちいさなラッパ、色んな音色を奏でるラッパ
そのラッパたちの持ち主はだあれ?リスさん?ゾウさん、それとも・・・?
可愛いラッパと共にさまざまな動物達が現れる幼児絵本。


ベストレビュー

いつかお話会でも

この本が出た時に、図書館の新刊コーナーで「絵がなかがわそうやさんで、文がまどさんだよね」という話を友だちとしていました。

「いつかお話会でも使えたらいいよね」と。

なかがわさんの優しいパステルトーンの絵と、まどさんのこれまた優しい文がマッチしています。

乳幼児向けのお話会でもいつか使えたらいいなあと思いつつ、その前にじっくり自分でも楽しんでみたいなと思って読んでいます。

吹く動物によって音が違うのが楽しいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

まど・みちおさんのその他の作品

てんぷらぴりぴり  / くまさん / ぞうさん / まどさんからの手紙 こどもたちへ / 大震災 日本列島が揺れた / くうき

中川 宗弥さんのその他の作品

くまさんおでかけ / みにくいおひめさま / こぶたのバーナビー / おてがみ / はじめてのゆき / とらたとヨット



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

このラッパだれのかな

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット