だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
どんどんいけいけゆうき号!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんどんいけいけゆうき号!

作: あんずゆき
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784333023905

小学校中学年から
22×16cm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

熊本県の米野岳(めのだけ)小学校の裏手にある岩原(いわばる)川は、最高の遊び場。しかし、車イスの侑希さんは川におりられない。同級生と先生は、いっしょに川遊びができるようにと、立ち上がった。そして、2年後、階段が完成し、みんなで作ったペットボトルの船『ゆうき号』は、侑希さんを乗せ、川に浮かんだのだ! 温かな友情の物語。

「なんて明るい、イキイキした笑顔なのでしょう! 米野岳小学校の教室で、十五人の六年生から、ゆうき号の思い出話を聞いたとき、わたしは、かれらのみなぎるパワーに圧倒されました。みんなの目はキラキラかがやいていて、よくしゃべり、よくわらい、元気いっぱいです。」と、あとがきで、著者は書いています。口絵には、15人が画面からはみ出しそうに写っています。本書を読んでいただければ、子ども本来の姿というものが見えてくるでしょう。そして、子どもたちや先生方のパワーをもらえること、間違いなしです。 (佼成出版社HP「編集者から」より)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あんずゆきさんのその他の作品

菌ちゃん野菜をつくろうよ! / おたすけ屋助太のぼうけん(2) おばけ、追いださないでください / おれさまはようかいやで / おたすけ屋助太のぼうけん(1) おばけ、さがさないでください / ツリークライミングはぼくの夢 / ワン!ツーステップ もう一度、歩こう!犬のリハビリトレーナー



お気に入りのくだものはどれ?

どんどんいけいけゆうき号!

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット