すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
まないたにりょうりをあげないこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まないたにりょうりをあげないこと

  • 絵本
作・絵: シゲタサヤカ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784061324084

ワイド判・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

第30回講談社絵本新人賞佳作受賞作
ぼくも、おいしい料理を食べてみたいな〜
まな板がしゃべる!?食べる!?よみきかせにぴったりの楽しい絵本

「ぼく、このレストランの料理が食べてみたいな〜。」
食いしんぼうのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげますが、まな板はだんだん太っていって……。

『まないたに りょうりを あげないこと』は、おおらかな絵と、早く次のページをめくりたくなるストーリー展開が魅力だ。
まないたが食べる、というアイディアもうれしい。絵本は、さもありなんという嘘を楽しむことも大切なのだ。
――高畠純(絵本作家・講談社絵本新人賞選考委員)


まないたにりょうりをあげないこと

ベストレビュー

楽しく聞いてくれました

2年生の読み聞かせで読みました。
まな板が料理を食べるという普通ではありえないお話でしたが、こどもたちは興味深々。夢中で聞いてくれました。途中でふきだす子供もいて楽しかったそうです。
うちのまな板に口みたいなのがあった!!という低学年ならではのかわいい意見で、わたしまで朝からほっこりした気分になりました。
 時間は6分〜7分です。
(みみっちママたんさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子8歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!

シゲタサヤカさんのその他の作品

遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた / カッパも やっぱり キュウリでしょ? / いくらなんでもいくらくん / わりばしワーリーもういいよ / おいしいぼうし / オニじゃないよ おにぎりだよ



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

まないたにりょうりをあげないこと



全ページためしよみ
年齢別絵本セット