ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ぼくんちのあんごう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくんちのあんごう

作: 藤本 義一
絵: 古味 正康
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

「ぼくんちのあんごう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年09月
ISBN: 9784569682907

A5判上製

出版社からの紹介

妹のもも子の誕生日に、お父さんが子どもたちの指紋をとると言い出しました。誘拐事件が起こったときに、早くみつけてもらうための資料にするというのです。「じゃあ、誘拐されたときに家族だけでわかる言葉をつくったら……」ぼくの提案を聞いて、家族みんなで言葉づくりがはじまりました。母さんは逆さ言葉を考えました。「でも、新聞紙は逆さから読んでも同じだよ」と兄ちゃんが反発します。「では、思っていることの反対を言えばどうだろう」とお父さんが続けました。「好き」は「嫌い」、「きれい」は「汚い」というように変えようというのです……。

 家族が、自分たちだけの言葉をつくる作業を通して、一つにまとまっていきます。主人公が連発する「大きらいだぞ」の本当の意味は「大好きだぞ」ということ。家族に対して口に出して伝えにくい思いも、こうすれば簡単に伝わります。家族だけの秘密を持つことで、絆が深まることを教えてくれる物語です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤本 義一さんのその他の作品

21世紀版少年少女古典文学館(17) 西鶴名作集

古味 正康さんのその他の作品

ひまり2.3ミリの夏 / お父ちゃんの音や! / からほり亭で漫才!



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

ぼくんちのあんごう

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット