庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
ともだちのしるしだよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ともだちのしるしだよ

  • 絵本
作: カレン・リン・ウィリアムズ
絵: カードラ・モハメッド
訳: ダグ・チェイカ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2009年09月
ISBN: 9784265810529

5才向け
B4変型判23.4cm・32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

リナが救援物資の中に見つけた、片っぽだけのサンダル。もう片方はフェローザが持っていた。
一足のサンダルによって結ばれた、難民キャンプに暮らす少女たちの友情物語。

ベストレビュー

難民キャンプで生まれた友情の感動

アフガニスタンから逃れてきた人々の難民キャンプ。家族を失い、食べ物にも物資にも不自由している暮らしの中で、この物語はあまりに純粋で哀しい。
救援物資の中でリナが拾ったのは黄色いサンダルの片方。そして、そのもう一方を拾ったフェローザと知り合います。
お互い哀しい境遇なのに、二人の間で芽生えた友情。一日ごと交代に両足でサンダルをはくことにした二人。そしてサンダルが「ともだちのしるし」。読みながら涙腺を気にしてしまうほど、痛烈な感動を覚えました。
リナの家族は移民手続きが認められアメリカへ移住します。リナは母親の針仕事で靴を買ってもらいました。フェローザにサンダルを揃いで渡そうとするリナ。「ともだちのしるし」だからと片方をリナに渡すフェローザ。
ラストシーンは…。アメリカでの生活はどうだったのでしょうか。
この本は、男の私を泣かせてしまいましたよ。

難民問題と友情を見事に描き切って、これ以上もないほど余韻と感動を伝えてくれました。
お願いです。だれかこの絵本を映画にして下さい。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カレン・リン・ウィリアムズさんのその他の作品

希望の木



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ともだちのしるしだよ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.83

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット