あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
たくさんのお月さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たくさんのお月さま

  • 絵本
作: ジェームズ・サーバー
絵: ルイス・スロボドキン
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年5月
ISBN: 9784198601041

5歳から
48ページ

出版社からの紹介

お月さまが欲しいという幼いレノア姫の願いをかなえようと、王さまと家来たちは知恵をしぼりますが…。アメリカで最も権威あるコールデコット賞を1944年に受賞以来、世代を越えて読みつがれてきた永遠のロングセラー作品、待望の翻訳です。
●コールデコット賞受賞

ベストレビュー

昔話の叡智がここに

今年の秋、たくさんお月様関連の絵本を読みました。
月をテーマにあたたまる素敵な絵本にも多く出会いました。
でもこの一冊には、文学の奥深さを感じました。

途中まで読みすすめて思い当たったのは『メアリー・ポピンズ』シリーズで、メアリー・ポピンズが子ども達に語る昔話。
王様と、道化師が出てくる話(帰ってきたメアリー・ポピンズ)と、王様と、本当の知恵とは何かを問う話(とびらをあけるメアリー・ポピンズ)です。

レノア姫のために、王様も賢者(大人)もさんざん頭を悩ましますが、結局答えは出ず、その答えを知っていたのはレノア自身(子ども)。
大人より、子どもの方が真実を見据えている、という、メアリー・ポピンズの作者の伝えていたメッセージ、昔話のエッセンスが、この物語の軸にもありました。

大人の考える「賢さ」と、真実には、ズレがあること、子どもの純粋な心でこそ見えることが、どれほど経験を積んだ大人が考えることにも増してホンモノだということを、物語を通して伝えています。
子どもが「おつきさまがほしい」というのを、単にワガママと捉えるのではなく、月がほしいこと、月は何かと考える知恵、子どもの目に月がどう映っているか(つまりそれは大人の考えにも及ばないこと)、物語を通してさまざまな見方が伝わってきます。
(『メアリー・ポピンズ』の中でもマイケルがお月様をほしいと言って、手に入ります)

メアリー・ポピンズの中でも道化師が王様に知恵を与え(『帰ってきた』)、王様の答えられなかった問いに答えられた賢さを持つものは、老人、夫人、若者でした(『とびらをあける』)。
この2冊は1935年と1943年で、『たくさんのお月様』が1943年なので、この年代にこのようなお話が流行ったのだとしたら、ほかにもこの類のものを読んでみたいと思いました。
(ポピンズさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジェームズ・サーバーさんのその他の作品

おもちゃ屋のクィロー

ルイス・スロボドキンさんのその他の作品

カルペパー一家のおはなし / さかさ町 / おうさまのくつ / ルイージといじわるなへいたいさん  / やさしい大おとこ / ピーターサンドさんのねこ

なかがわ ちひろさんのその他の作品

いつか あなたが おおきくなったら / おおかみのおなかのなかで / クリスマスツリーをかざろう / そらはあおくて / 101ぴきのダルメシアン / プリンちゃんのハロウィン



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

たくさんのお月さま

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット