すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
角川つばさ文庫 ベルナのしっぽ 盲導犬とななえさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

角川つばさ文庫 ベルナのしっぽ 盲導犬とななえさん

  • 児童書
作: 郡司 ななえ 織茂 恭子
出版社: 株式会社KADOKAWA

在庫あり

本体価格: ¥620 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

目が見えないななえさんは、大の犬ギライだったが、盲導犬・ベルナと出会い、そのひたむきさに心をうたれ、きずなを深めてゆく。しかし、やがて別れの時が……。人と犬との間に育まれた愛と感動の物語――。

ベストレビュー

確かな絆

27歳で失明した著者の郡司さんは元来犬嫌いでした。
でも母親になりたい!という希望をかなえる為 盲導犬とパートナーを組むことを決意し訓練所に通い始めます。
そこで郡司さんは黒のラブラドールのベルナと出逢います。

盲導犬はひとたびハーネスをつけるとしっかりと「仕事だ」と自覚し、例え自分が心無い他人にタバコの火を押し付けられようと一切吠えない、ただ我慢しパートナーの誘導を最優先するのです。
そのベルナの姿勢を郡司さんが肌で感じた時にぐっとふたりの距離が縮まり、信頼関係が芽生えていったのだろうと思います。
ベルナと過ごして程なく郡司さんは待望の赤ちゃん、幹太くんに恵まれます。
ベルナは幹太くんの成長にも大いに欠かせない存在。
ハイハイをはじめたばかりの幹太くんはちっともじっとしていない、そんな幹太くんの動きをベルナはお姉さんのように優しく見守り、目の見えない郡司さんの目となり郡司さんを助けるのです。
でも小さい幹太くんの世話に明け暮れる郡司さんに構ってもらえないからかベルナは時々イタズラをしたりして気を引いたりするのがまさに第二子にお母さんをとられて赤ちゃんがえりをする長子みたいで、笑ってしまいます。
しかし、幹太くんが成長するにつれてベルナは老いてゆく。
白内障と老衰と闘うベルナと郡司さんの姿はウルウルものです。
犬は感情が豊かだとは聞いていたけれど
こんなにもなのか!と驚きしきり、、、でした。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


郡司 ななえさんのその他の作品

ベルナの目はななえさんの目

織茂 恭子さんのその他の作品

みねこのみちくさ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(5) 古田足日子どもの本 / まよなかのかくれんぼ / 海からきたおじちゃん 改訂版 / おばあちゃんへ / 気がつけばカラス



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

角川つばさ文庫 ベルナのしっぽ 盲導犬とななえさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット