ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
ぼっこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼっこ

作: 富安 陽子
絵: 瓜南直子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年06月
ISBN: 9784035402008

小学中級から
22cm×16cm/230ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

転校したしげるは、なかなか新しい町になじめない。あれこれ世話をしてくれたのは、家に住みつく子どもの精霊「ぼっこ」だった。

ベストレビュー

大人にも面白い

田舎にいって座敷童「ぼっこ」に出会う主人公。

いろいろあって、その田舎に引っ越してくることになるのですが、都会から来たことをネタにからかわれたり、意地悪されます。でも、ぼっこが不思議な力で味方してくれ、しだいに、自然でいっぱいの田舎に親しみを覚えてきます。

山の精とのシーンはひやひやしました。

そして天狗のお土産って、そうかー、これかあ!と思えました。

大人も、どきどきで読みましたがとっても面白いです。小学校なら中学年くらいから、かなと思います。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

妖怪一家九十九さん 妖怪一家の温泉ツアー / 絵物語 古事記 / サラとピンキー ヒマラヤへ行く / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / 妖怪一家九十九さん(6) 妖怪一家のハロウィン / サラとピンキー パリへ行く



『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

ぼっこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット