貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
黄金旋律 旅立ちの荒野
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黄金旋律 旅立ちの荒野

  • 絵本
作: 村山早紀
出版社: 株式会社KADOKAWA

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「黄金旋律 旅立ちの荒野」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

医者を夢見る少年・臨は、数百年後の廃墟と化した病院で目が覚めた。病院を飛び出した臨は、地図にない街に手紙を届ける少年と、黒い翼のはえた猫に出会い!? 希望の旋律に集う子供たちが導く、王国物語!!

ベストレビュー

自分探しの旅

ヤングアダルト向け、自分の居場所を探すファンタジー。
人の顔色をうかがい、本当の自分を出せない自分。上手に笑えているか、そんなことが心配な自分。
受け入れられるとはどういうことか、絆とはなにか、気がついたのは人類の文化滅亡後の未来。廃墟のなか。
そこから始まる物語。

まだプロローグで、一冊かけてパーティが揃う。
そのため重くしんどいストーリーが続くが、ただのゲームファンタジーと分類できないような現代の私達に連なる部分を描き出している。
自分が自分であるためにやりたいことを、一冊かけてあぶりだす。
十代後半なら深く共感すると思う。

いや、私は三十路に終わりが見えているが。
(てぃんくてぃんくさん 30代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村山 早紀さんのその他の作品

新装版 くるみの冒険 全3巻 / 新装版 くるみの冒険 (1) 魔法の城と黒い竜 / 新装版 くるみの冒険 (2) 万華鏡の夢 / 新装版 くるみの冒険 (3) 竜の王子 / ポプラ文庫ピュアフル コンビニたそがれ堂(4) 空の童話  / ポプラ文庫ピュアフル 海馬亭通信(2)



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

黄金旋律 旅立ちの荒野

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット