庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
虫の飼いかた・観察のしかた2 虫を採る・虫を飼う・標本をつくる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

虫の飼いかた・観察のしかた2 虫を採る・虫を飼う・標本をつくる

文: 海野 和男 筒井 学
写真: 海野 和男 筒井 学
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年03月
ISBN: 9784035275206

小学中級から
24cm×21cm/32ページ

出版社からの紹介

昆虫写真家の海野和男氏と元豊島園昆虫館施設長の筒井学氏が虫の採集・飼育・標本制作についてわかりやすく解説。

ベストレビュー

参考になります!

「虫の飼いかた・観察のしかた」というシリーズの2冊目になります。
虫を見つけたら、捕まえて飼いたくなるのは、虫取り小僧の習性でしょう(笑)
この本では、昆虫採集の基本から、捕まえた虫の持ち帰り方、飼育の基本、
そして亡くなってしまった虫で標本をつくるところまで載っています。
夏休みの自由研究にはもってこいの一冊だと思います。
我が家でも、自己流で何度も虫を飼ったり、標本を作ったことがありましたが、
飼育の仕方や標本の本格的な作り方に至るまで、ちょっとした工夫ややり方などの
知らなかったことが多々あり、今後の参考にさせてもらうつもりです。

写真付きでとてもわかりやすく載っているため、子供でもとてもわかりやすいのも良いです。
この本を読んだおかげで、今後、もっといろんな虫を飼えそうです。
息子も大満足の1冊でした。虫好きな子にはおすすめだと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


海野 和男さんのその他の作品

はっけんずかん むし 新版 / 世界のカマキリ観察図鑑 / 四季をみよう / 冬をたのしむ / 秋をみつけた / 夏をあそぼう

筒井 学さんのその他の作品

カマキリの生きかた / セミたちの夏 / カブトムシがいきる森 / クワガタムシ観察ブック / 虫の飼いかた・観察のしかた(6) 水辺の虫の飼いかた−ゲンゴロウ・タガメ・ヤゴほか / 近所の虫の飼いかた(2)



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

虫の飼いかた・観察のしかた2 虫を採る・虫を飼う・標本をつくる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット