もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
いもほりバス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いもほりバス

  • 絵本
作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784790252030

3〜4歳児
21.0×22.0cm(表紙21.3×22.6cm)24ページ
関連書籍
いただきバス

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

この絵本のテーマのひとつはふれあいです。友だちや親子で「つんつん」しあうと、くすぐったくなってきますね。
バスも「つんつん」されてくすぐったくなったら、なんと鼻のあたりからドリルが出てきました。後半、掘ったおいもが飛んでいって、火山の中に入るシーンがあります。ぶっ飛んだナンセンスないも掘り絵本にしたい、と作者と話し合い、こんな終盤になりました。切れないようにつるを引っ張って引っ張って、やっと出てくるおいも。
掘るまではどんなおいもかわかりません。その期待感はぜひ体験してみてほしいです。
そして、おいしいおいもを食べるたびに、絵本と、おいも掘りを思い出してもらえたらうれしいです。

ベストレビュー

とてつもなく大きいお芋

ねずみくんたちが、バスに乗って芋掘りに出かけます。このバス、おしゃべりするうえに、語尾の「です」「ます」になるはずのところが「バス」になってて息子が面白がっていました。
ねずみさんたちが見つけた大きなお芋、いったいどうやって掘り出すんだろうと興味津々の息子でした。去年自分も芋掘りをやって、大きいお芋はなかなか掘り出せないということを覚えていたようです。
さすがにバスが変身して、モグラのように土の中に入ってお芋を掘るなんていうのは私も想像以上の展開でした。
火山で焼いた芋、おいしそうで私も食べてみたいです。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤本 ともひこさんのその他の作品

おつきみバス / だじゃれ十二支 / バナーナ! / まめまきバス / ともだちたんていコブタンコ / 大型絵本 たなばたバス



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

いもほりバス

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット