ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
名作をおうちに飾ろう♪ プチプライスの『 ガーゼハンカチ&フレームセット』が新登場!
げんきでいるからね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

げんきでいるからね

作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「げんきでいるからね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784774611372

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ずっと一緒にくらしていた犬のルポちゃんが、突然いなくなった。
死が理解できない中、ある日ルポちゃんの小屋の中をのぞいてみると…。
時が動く中、別の命に自分がまたつながっていく
犬のポケの姿を通じて生命のつながりを感じさせる絵本です。

ベストレビュー

時の流れ

捨て犬ポケの出会いと別れを、ポケの目線で描いたお話です。

拾われたポケが人間の家で出会った、先輩犬ルポ。
大きく怖く見え、どんな時も一歩先を行くルポ。
そのうちに肩を並べ、やがてルポは先立っていきます。
ポケは、ルポの老いも死も理解できず、ルポを待ち続け…。

2匹の犬の成長(老い)。
死は理解できなくても、居ない状態を少しずつ受け入れていくポケの変化。
そして、新しい生命との出会い。

悲しいというよりは、こうして時は流れていくんだなと思いました。
そして、遺されたものは、前を向いて歩いていかなければいけないんだ、とも感じました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 まもるさんのその他の作品

わたり鳥 / すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

げんきでいるからね

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 2
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット