しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
そらまめとわらとすみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そらまめとわらとすみ

作: 西本 鶏介
絵: 本信 公久
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥380 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「そらまめとわらとすみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

読みきかせに最適な日本伝承むかし話の絵本。

そら豆の腹には、どうして黒い筋が通っているのかを伝える、いわゆる、いわれ話。ユーモラスな味わいがあります、和紙をつかったはり絵で人気がある中村有希氏が、お話の楽しさをひきだします。

ベストレビュー

この絵を見るとなんだか和みます

日本民話で有名な「どうしてそらまめのおなかはチャックがあるの?」という疑問に答えた話です。もちろん、おとぎばなしですが、ひょうひょうとしたおばあさんが煮るはずのそらまめを1粒と火をおこすはずのわらとすみを1本ずつ落としたところから始まるこの話は、3人(?)の珍道中がほのぼのとしていてなおかつひょうきんで笑えます。どうして、そらまめのおなかに黒いすじがあるかは、読んでのお楽しみです。
(はるママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

西本 鶏介さんのその他の作品

おおかみとしちひきのこやぎ / 12つきのおくりもの / おめでとうのさくらまんじゅう / ヘンゼルとグレーテル / さんびきのくま / あかずきん

本信 公久さんのその他の作品

たんたんたまご / とびだす・ひろがる! たべものえほん 2 / とびだす・ひろがる! たべものえほん / 紙芝居 わっ!びっくり / とびだす・ひろがる! どうぶつえほん 2 / (デジタル)どうぶつかくれんぼ



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

そらまめとわらとすみ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット