もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
そらまめとわらとすみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そらまめとわらとすみ

作: 西本 鶏介
絵: 本信 公久
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥380 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「そらまめとわらとすみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

読みきかせに最適な日本伝承むかし話の絵本。

そら豆の腹には、どうして黒い筋が通っているのかを伝える、いわゆる、いわれ話。ユーモラスな味わいがあります、和紙をつかったはり絵で人気がある中村有希氏が、お話の楽しさをひきだします。

ベストレビュー

この絵を見るとなんだか和みます

日本民話で有名な「どうしてそらまめのおなかはチャックがあるの?」という疑問に答えた話です。もちろん、おとぎばなしですが、ひょうひょうとしたおばあさんが煮るはずのそらまめを1粒と火をおこすはずのわらとすみを1本ずつ落としたところから始まるこの話は、3人(?)の珍道中がほのぼのとしていてなおかつひょうきんで笑えます。どうして、そらまめのおなかに黒いすじがあるかは、読んでのお楽しみです。
(はるママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

西本 鶏介さんのその他の作品

さんびきのくま / あかずきん / ミツバチぎんの おくりもの / シンデレラ / しあわせなおうじ / はだかのおうさま

本信 公久さんのその他の作品

たんたんたまご / とびだす・ひろがる! たべものえほん 2 / とびだす・ひろがる! たべものえほん / 紙芝居 わっ!びっくり / とびだす・ひろがる! どうぶつえほん 2 / (デジタル)どうぶつかくれんぼ



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

そらまめとわらとすみ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット