新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

赤ちゃんとお母さん

赤ちゃんとお母さん

  • 児童書
作: まど・みちお
出版社: 童話屋

税込価格: ¥1,375

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「赤ちゃんとお母さん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784887470736

A6

出版社からの紹介

まどさんは、赤ちゃんとお母さんのいい詩をたくさん書きました。この詩集の初めに「おかあさん」という詩があります。

おかあさんは
ぼくを 一ばんすき!

ぼくは
おかあさんを 一ばん すき!

かぜ ふけ びょうびょう
あめ ふれ じゃんじゃか

おしまいは「にじ」という詩。

にじ
にじ
にじ

ママ
あの ちょうど したに
すわって
あかちゃんに
おっぱい あげて

まどさんの詩を声に出して読むとお母さんはやさしい気持ちになります。そのお母さんの声が赤ちゃんに届いて、草木を潤す
春の雨のように、赤ちゃんの心をやさしく育むのです。まどさんの千を超える詩のどれにも、太い根っこがあります。
それは「この世界(宇宙)にあるすべてのものは[自分が自分であることの喜び]に満ちあふれている」というものです。
詩の底には、いつも愛があり真実があります。
これまでにまどさんが 赤ちゃんとお母さんへむけて書いた珠玉の詩が61篇収録されています。

ベストレビュー

育児中の心の栄養に

まどさんが亡くなられて改めてまどさんの詩を読み返してみたいと思った時『赤ちゃんとお母さん』という詩集を見つけました。

田中和雄さんが書かれたまえがきには「いい詩を読むと、お母さんはやさしい気持ちになります。いのちへのいとおしみの心も引きだされてきます。そのお母さんの声が、赤ちゃんの心に届くのです」とあります。

その言葉を読んで、まだ息子が赤ちゃんだった頃、本を読む時間がなかなかとれなくて、でも活字は読みたいというので短い時間でも読むことができる詩集を好んで読んでいたことを思い出しました。

この詩集の冒頭に収められている「おかあさん」という詩、ぼくもおかあさんも相思相愛であることが短い言葉の中に凝縮されています。

まどさんの詩を読むといつも感じられるのは、生きとし生けるものすべてへの優しいまなざし、生きることへの肯定感です。

一つひとつの詩を読みながら、赤ちゃんとお母さんの優しいいい時間を過ごして下さるご家庭が増えたらいいなあという思いでした。

出産祝いに贈っても喜ばれそうな詩集です。

育児中の心の栄養にいかがでしょうか。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学詩歌 > 赤ちゃんとお母さん

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

赤ちゃんとお母さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット