だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
まどさんのうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まどさんのうた

作: 阪田寛夫
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

「まどさんのうた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年10月
ISBN: 9784924684508

A6

出版社からの紹介

まどさんに惚れてしまった阪田さんは、メモと紙を持ってまどさんを追いかけ回したそうです。まどさんのことなら、
何でも聞きたい、みんな知りたい。追っか けですね。がまん強いまどさんも、さすがに辟易した素振りを見せるのですが、
そんなことぐらいでへこたれる阪田さんではありません。そして、ついにまどさ んのヒミツに辿り着いたのです。
たとえば「ぞうさん」の歌のこと。ぞうさんの子は、鼻がながいねと悪口を言われた時、しょげたり腹を立てたりする代りに、
一番好きな母さんも長いのよ、 と誇りをもって答えた。だからこの歌は、ぞうに生まれてうれしいぞうの歌、と
思われたがっているでしょう―とまどさんから教わります。歌が、そう思われたがっている、というまどさんの
言葉もふしぎですが、そうか、と受けとめる阪田さんも、何か大きなことに気がついた人なのでしょう。まど・みちおさんの
詩の、いちばん深いところを聞きだして、そのヒミツを惜しげもなくぜんぶ書いてくださったのがこの一冊です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


阪田寛夫さんのその他の作品

世界の名作(5) シンドバッドの冒険  / びりのきもち / ばんがれまーち / ちさとじいたん / だくちる だくちる はじめてのうた / おばあちゃんちの おひるね



ねえ、「コワイ」って、もってる?

まどさんのうた

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット