宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
なかよしこぐま まんなかに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なかよしこぐま まんなかに

作: おのりえん
絵: はた こうしろう
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なかよしこぐま まんなかに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2003年2月
ISBN: 9784591074862

幼児〜小学初級向

出版社からの紹介

くまやとくまふは、ふたごのこぐま。そっくりなのに、いつもケンカばかり。「ここからでないで」あいだにせんをひきはじめたら - - - 。

くまやと くまふは
ふたごの こぐま。
かおも せなかも
そっくりなのに、いつも
けんかばかり しています。
でもね、ほんとうは とっても
なかよしなんだよ。

ベストレビュー

けんかもするけど兄弟だもん。

双子のくまの子「くまや」と「くまふ」は、喧嘩ばかり。
困ったお母さんは、長い木の枝で線を引き
「こっちがくまやで、そっちがくまふ。
喧嘩するから線から出ちゃダメ」と言っておでかけ。
お留守番の2匹は、約束は守りながらも喧嘩のすえに家を水びだしにしてしまう。
線を延ばしながら外に。いつしか力を合わせて線を引くことに一生懸命に・・・
似たもの同士、喧嘩するほど・・・
カラフルな色彩の可愛い絵で、ホントはとっても仲良しの兄弟が描かれていますよ。
(リカポンさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おのりえんさんのその他の作品

きっちり・しとーるさん / ぼくのドラゴン / てんこうせいはワニだった! / 虫愛づる姫もどき / 虫のお知らせ / 虫のいどころ 人のいどころ

はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ゆき / いっすんぼうし / どしゃぶり / えほん遠野物語 でんでらの / にちようびのぼうけん!



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

なかよしこぐま まんなかに

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット