貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
こぶとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぶとり

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年2月
ISBN: 9784577025512

対象年齢 幼児から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

よく知られている昔話ですが、愉快な擬音の多用や全く文章のないページがはいる構成、枠取りをした絵などの工夫で新鮮な印象を受けます。

ベストレビュー

一番怖い『こぶとり』

福音館の『こぶじいさま』を読んで、他のも読み比べてみたくなって借りてきました。どの絵本も少しずつ話の展開が違いますが、この絵本は、ふたりのおじいさんが一緒に山に行く設定が特徴的です。また、『こぶじいさま』では鬼が出てきましたが、こちらは天狗です(でも、天狗が出てくる絵本の方が圧倒的に多いようですね)。

絵はとても鮮やかでいて繊細です。山の奥深さというか、いかにも天狗が住んでいそうな雰囲気がとてもよく表現されています。そして、何と言っても天狗が細かに描かれていて、本当にそこにいそうな感じなのです。

息子は、話はとても面白そうに聞いていましたが、とにかく絵が怖いそうで、最後は「この絵本は怖いから他の『こぶじいさん』を見る!」と言っていました。親としては、本気で怖くなるなら、これが一番良いではないか!と思ったのですが。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

瀬川 康男さんのその他の作品

ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / ひな / かぜのかみとこども / 瀬川康男画集 いきとし いけるもの / こしおれすずめ / Peek-a-Boo いない いない ばあ (英語版)



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

こぶとり

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット