ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家

作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784062157858

ワイド判・235ページ

出版社からの紹介

コロボックルが本気で走れば、人間の目になんか見えるはずはありません。
ところが、ふしぎな目をした男の子タケルには、そのすがたが見えるのです。
コロボックルと友だちになった人間の物語です。──(「ふしぎな目をした男の子」)

ベストレビュー

コロボックル物語を読んでいなくても

コロボックル物語をちゃんと読んでいない私でも、この本はすんなりと心にはいってきました。コロボックルが目に見える人間に私もなりたくなりました。
2話構成になっていて、文字量も絵本に比べると幾分多いですが、コロボックルの魅力にひかれると、子どもでも読みすすめていける本だと思います。
とくに、2話目の「人形のすきな男の子」は、心もっていかれました。
外で遊ぶことが好きで、それでいて、部屋で遊ぶことも好きな男の子が出てきて、その子の体験したことが、読み手の心を痛めるのです。そこに登場するコロボックルの存在。救いの神のような気がして、心底安堵してしまいました。
もっと、コロボックルのお話が読みたくなります。話の内容が人間同士の会話なのに、絵はそれを聞いているコロボックル。この文と絵の関係がなんともいえずひかれますね。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子10歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵

村上 勉さんのその他の作品

コロボックル ぬりえ / コロボックルの小さな画集 / 旅猫リポート / 絵本「旅猫リポート」 / コロボックル絵物語 / 絵本 旅猫リポート



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット