話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家

ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家

作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784062157858

ワイド判・235ページ

出版社からの紹介

コロボックルが本気で走れば、人間の目になんか見えるはずはありません。
ところが、ふしぎな目をした男の子タケルには、そのすがたが見えるのです。
コロボックルと友だちになった人間の物語です。──(「ふしぎな目をした男の子」)

ベストレビュー

コロボックル物語を読んでいなくても

コロボックル物語をちゃんと読んでいない私でも、この本はすんなりと心にはいってきました。コロボックルが目に見える人間に私もなりたくなりました。
2話構成になっていて、文字量も絵本に比べると幾分多いですが、コロボックルの魅力にひかれると、子どもでも読みすすめていける本だと思います。
とくに、2話目の「人形のすきな男の子」は、心もっていかれました。
外で遊ぶことが好きで、それでいて、部屋で遊ぶことも好きな男の子が出てきて、その子の体験したことが、読み手の心を痛めるのです。そこに登場するコロボックルの存在。救いの神のような気がして、心底安堵してしまいました。
もっと、コロボックルのお話が読みたくなります。話の内容が人間同士の会話なのに、絵はそれを聞いているコロボックル。この文と絵の関係がなんともいえずひかれますね。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子10歳、男の子6歳)

関連記事

出版社おすすめ




本の世界に踏み出そう〜ディズニーの夏をめいっぱい楽しむ

ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら