おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
小さな生きものたちの不思議なくらし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さな生きものたちの不思議なくらし

  • 絵本
作: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784834024678

22X16cm・160ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

40年にわたって自然と向き合い、身近な植物や虫たちの不思議なくらしを描きつづけてきた画家、甲斐信枝の世界を
精緻な文章に美しい絵をそえて一冊にまとめたエッセイ集。

ベストレビュー

甲斐さんの作品の背景

息子に絵本を読み始めて科学絵本も読むようになり、雑草など植物に関わる絵本は二年の観察を経て作られているというようなことを知りました。

この甲斐さんの本によると五年をかけて作られた作品もあるようです。

堀内誠一さんの『パリからの手紙』を読んだ時に、甲斐伸枝の『ひがんばな』は念がこもっていると評されているのを読み、元々興味があった甲斐さんの作品を読みたくなったと同時に、作品の背景も知りたくなりました。

「絵本の作り手として私が大切にしているのは『対象物への興味と愛情から発して対象に近づき、そのものから受けた驚きや感動を、絵と言葉によってお子さんに伝える」ことです。」

という甲斐さんの言葉はとても納得できました。と同時にこのことって、子育てにも通じることだなあと思いました。

対象となった植物や虫たちに向ける優しく暖かいまなざしあっての作品。

私たちはこのように植物の瞬間をとらえることはなかなかできませんが、作品を通じて、小さな命の瞬間や生命力に触れることができるのはとも幸せなことだと思います。

甲斐さんの絵本と共に作品の背景を知りたくなった時にお薦めの一冊です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す
  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。

甲斐 信枝さんのその他の作品

のげしとおひさま / 稲と日本人 / のえんどうと 100にんのこどもたち / ぼくはたね / きゃべつばたけのいちにち / こがねぐも



『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

小さな生きものたちの不思議なくらし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット