もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
かいじゅうくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かいじゅうくん

作・絵: ウテ・クラウゼ
訳: 荒川みひ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かいじゅうくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784893094803

227×253mm・28P

出版社からの紹介

「だれもなかにいれちゃだめよ」と注意をして、ママはおでかけ。そこへ、「ドンドンドン!!」「いっしょに遊ぼうよ!」
やってきたのはかいじゅう?! 「ぜったいだめ!」少年は、ひっしに追いはらおうとするけれど......。
ドイツで2008年夏の推薦児童図書に選ばれた絵本。

ベストレビュー

クスリ♪

読み聞かせボランティアのメンバーから、私が好きそうだから、
とおすすめしていただいた一冊です。
外国らしい雰囲気とお話、オチが好きなので、
友人のお見立て通り、私の好きな本でした♪

一人でお留守番しているところに、かいじゅうがやってきて。
男の子がそれを断ろうと、「おそうじしなくちゃいけないから」
というと、「一緒にしようよ」…何度断っても、入ってきたがるかいじゅう。

「え〜?そんな理由?」とか、お部屋の中にもかいじゅういるのに…とか、
最後のオチとか…くすりと笑っちゃうシーンがいっぱいです。

でも、主人と6年生の息子に読んでみたら、二人の反応はイマイチ。
どうやら右半分が、男の子の空想だとはわかりにくかったようです。
だから読み聞かせだと、わからない子がいるかな…と断念しました。
(あみむさん 30代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

ウテ・クラウゼさんのその他の作品

サンタクロースがすねちゃった



おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

かいじゅうくん

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット