あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
エドウィーナ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

エドウィーナ

作・絵: モー・ウィレムズ
訳: 青山 南
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784895726962

小学校低学年から
A4変型判・33ページ・4色刷り

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

エドウィーナはみんなから愛される恐竜です。たった一人、レジナルドを除いて。
レジナルドは、恐竜が絶滅していることをわからせようとがんばりますが、
誰もきいてくれません。悲しみに暮れていると、エドウィーナがやってきて……。

ベストレビュー

気になるのは、好きだから・・・かな

‘雨降って地固まる‘
ではないけれど、エドウィーナに良い感情を持っていなかった変わり者の男の子は、エドウィーナを
傷つけることによって、なぜか仲良くなります。

だいたい、みんながエドウィーナを好きなのに、その子だけがなつかなかったのは、本当は興味があったけど、素直になれなかっただけなんじゃないかな。

エドウィーナときたら、傷つけられても気にしない、とっても心の優しい恐竜だったので、
ほかの子と同じように、もちろんその男の子とも仲良くなったのです。

この本を読むと、子供たちの関わり方の縮図が書かれているように思いました。
(イザリウオさん 40代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モー・ウィレムズさんのその他の作品

ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 ダンスができないぞうさんですよ  / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 くしゃみがとまらないのですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 びっくりごっこですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 スーパーぶたさんですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 ともだちがかなしんでいますよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 あたらしいおもちゃがすきですよ

青山 南さんのその他の作品

こどものなかま / アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ / はだかんぼ! / トラさん、あばれる / ラスコーの洞窟 / あっ、ひっかかった



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

エドウィーナ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット