雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
カタカナダイボウケン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カタカナダイボウケン

作: 宮下 すずか
絵: みやざき ひろかず
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784033135700

5歳から
22cm×19cm・78ページ

出版社からの紹介

ノートや本に書かれた文字たちが夜の間にとびだしてきて、ゆかいなだいぼうけんのはじまり! 
カタカナの特徴をたっぷり楽しめる三話収録。

ベストレビュー

楽しく学べます♪

同じ作者の「ひらがなだいぼうけん」を楽しく読ませてもらったので、この本も期待して手に取りました。
今回の主役はカタカナたち。
らっちゃんという女の子が書いたカタカナの文字たちが、夜中になって動き出すのです!

お話が3話入っているのですが、それぞれカタカナの特徴を生かして上手くお話が作られているのに感心します。
息子が一番楽しんでいたのは、2話目の「にたものどうし」。
「シ」と「ツ」、「ン」と「ソ」、、書き間違いやすいこれらのカタカナに関するとても楽しいお話で、読みながら「シクシクボウシーー(笑)」などと大笑いしていました。

お勉強、、などと気張らずに、お話としてたっぷり楽しみながら、カタカナの特徴を自然と学ぶことの出来る本です。
カタカナを書き始めたくらいのお子さんにお勧めです。
(あんれいさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮下 すずかさんのその他の作品

いち、に、さんすう ときあかしましょうがっこう すきなじかんきらいなじかん / いち、に、さんすう ときあかしましょうがっこう 〇を□に! / いち、に、さんすう ときあかしましょうがっこう 3、2、1、ゼロ? / ちびっこやゆよ / てんのないにっき / 赤のはんたいは?

みやざき ひろかずさんのその他の作品

紙芝居 おぼうさんとろくろくび / ゆびさしで こたえを おしえてね ど〜れだ? 英語つき / ワニくんのいえ / トンノのひみつのプレゼント / すうじだいぼうけん / 紙芝居 おおどろぼう マーサカサ



世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

カタカナダイボウケン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット