もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(5) ふしぎなたいこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(5) ふしぎなたいこ

  • 絵本
作: 新田新一郎
絵: 田島 征三
出版社: フェリシモ出版

本体価格: ¥1,286 +税

「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(5) ふしぎなたいこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784894324947

182o×242o・32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


“おはなし”を通して、たからものをたくさんお届けしたい

みどころ

フェリシモ出版の「おはなしのたからばこ」シリーズ5巻は、日本民話『ふしぎなたいこ』。

「むかし、むかし、あったんど」
東北弁の口語で書かれた文章に、生命力あふれる田島征三さんの絵が見事にマッチしたおおらかで迫力ある絵本です。

昔々、ある村に、源五郎どんという若者が住んでいました。山へ仕事へ出かけた源五郎どんは、天狗さまに出会い、たたけば鼻が伸びる不思議なたいこをもらいます。
「ひとつ やくそく あっぞ。
じぶんの鼻ば のばしては なんねことだ!」
と天狗さまと約束した源五郎どんですが、色んな人の鼻を伸ばしているうちになんだか楽しくなってきて、とうとう自分の鼻を高くたかーく伸ばしてしまい―――!?

縦方向に開く判型も面白いので、ぜひお子さんをおひざに座らせて、一緒に開きながら声に出して読んでみて下さい。
そして、「トコトントン トコトントン ●●ちゃんの鼻 たかくなれ
●●ちゃんの鼻 たかくなぁれ」と、お子さんの名前を呼びながら一緒にたいこをたたく真似をして読むと、物語が一層楽しくなること間違いなしです。

(洪愛舜  編集者・ライター)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(5) ふしぎなたいこ

出版社からの紹介

長く語り継がれてきた昔話が、ゆったりとした東北弁でおおらかに再現されます。
太鼓を手に子供たちに語り聞かせてきた、新田さんならではの語り口です。
ぜひ声に出して読んでほしい1冊。
それを田島さんが、言葉にされていない部分にも独自の解釈を加えて、力強いタッチで描きました。
「源五郎はお菊ちゃんのことがほんとうは好きだったんじゃないのかな?」と、
男の子が好きな女の子につい意地悪をしてしまう気持ち、
お菊ちゃんも本当は源五郎をにくからず思っているのでは、という視点で展開する絵に注目です。

ベストレビュー

読み聞かせにピッタリです

しばらく前に「てんぐだいこ」(神沢利子作)を読んでいたからでしょうか。
訛りの入った新田新一郎さんの軽妙な文章と、破天荒な田島征三さんの絵に呑み込まれてしまいました。
ページの開きも天と地上を意識させて技ありです。
読み聞かせで子どもたちから笑いを取れそうな絵本です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田島 征三さんのその他の作品

わたしの森に / ぼく、おたまじゃくし? / 紙芝居 しっぺいたろう / あめが ふるふる / もりモリさまの森 / オオカミのはつこい



「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(5) ふしぎなたいこ

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.37

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット