あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ちいさないのち〜最古の大陸、オーストラリア〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさないのち〜最古の大陸、オーストラリア〜

文・写真: 相原 正明
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちいさないのち〜最古の大陸、オーストラリア〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784097263968

菊12取・40頁

出版社からの紹介

みんながおともだちで地球が元気になれます。宇宙のどこかのお星さま。お星さまは、一本の白い木を育てていました。
その「ちいさないのち」はひとりぼっちでした。「どうして、ここには、ぼくしかいないの?」熱帯から沙漠まで、さまざまな
環境を有するオーストラリア大陸。世界最古の大陸ともいわれ、その雄大な風景は、地球創世期を彷彿とさせます。
無人の荒野でキャンプし、オーストラリアを撮影し続ける写真家が大陸と一体になって感じたもの、それは、40億年以上
生きている、「地球」という「いのち」の素晴らしさでした。地球という場所で「いのち」が誕生した素晴らしさを、
壮大な風景写真と創作ストーリーに乗せて伝える写真絵本です。

ベストレビュー

もう少し短い文だったらなぁ……。

写真絵本です。
オーストラリアの素晴らしい、この地でしか見ることのできない景色があふれていました。

素晴しい絵や写真にはそのものが発する《ことば》のようなものがあるので、あまり多くの文で表現しなくても伝わってきます。

1つ1つの写真はほんとに素敵でした。
だからこそ、こんな風に小さな子どもに語るような文章ではなく、もっと簡潔なその場その場をイメージした文であったら、もっとよかったなぁ〜。もっと幅広年齢層に自然に紹介できるのにな〜と、思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



『こどものアトリエ』西巻茅子さんインタビュー

ちいさないのち〜最古の大陸、オーストラリア〜

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット