雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ラーシアのみずくみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラーシアのみずくみ

作: 安井清子
絵: 砂山 恵美子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784772101967

3歳から
24×19cm・40ページ

出版社からの紹介

「ぼく、もう大きいもん!水くみできるもん!」ラオスの村に住む3歳のラーシアは、
水くみに行くお姉ちゃんの後を追って、うちを飛び出していきました。
精一杯背伸びして頑張るラーシア。水くみはできるかな?

ベストレビュー

見守るやさしさ

ラオスのある村を舞台にしたお話です。

お姉さんの真似をして水くみをしたがるラーシア。
ちょうど息子も、何でもやりたがりの年頃で、
ラーシアに共感できるのか、
熱心に読んでいました。

ラーシアは水をくみにいきますが、
重くて重くて運ぶのが大変。
そこでどうしたかというと、
道々であった動物たちに、水をおすそ分けしていきます。
僕のくんだ水なんだよ、と言って。。。

最後にはコップ3ばい分のお水しか残らなかった
ラーシアのお水。
それでも何も言わず、おいしいといって飲んでくれた
お姉さんとお母さん。

うまくいかなくても、ちょっと失敗でも、
やりとげたことへ温かいまなざしを向けるこの優しさに感動しました。
なかなか現実には難しいことだけど・・・。

ラーシアのがんばりと、
がんばるラーシアを見守るやさしさを描いた一冊です。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安井清子さんのその他の作品

ラオス 山の村に図書館ができた / しーっ!ぼうやがおひるねしているの

砂山 恵美子さんのその他の作品

これなんてよむ? / まがなった



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ラーシアのみずくみ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット