ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
シノダ! (4) 魔物の森のふしぎな夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シノダ! (4) 魔物の森のふしぎな夜

  • 児童書

「シノダ!」シリーズ

子どもレビュー募集中

作: 富安 陽子
絵: 大庭賢哉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784036440405

小学5・6年生から
20×14cm 254ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

魔物が出るという、いいつたえがある森で、時がとまった夜におこったふしぎなできごと。信田家のパパとママ、イッチとサキの出会いの物語。

ベストレビュー

音をたてずにしのびよるかげ

ゆいいつ、シノダ一家の中で100パーセント人間だったお父さんも「月の目」をもっていて、すごいと思いました。あの小さな男の子は、ハジメくんが遊んであげたから、そのおれいに「人ではないもの」が見えないようにしたのか、わかりません。ヘビにつかまえられたねずみは、どうなってしまったかが、心配です。ヘビは、日本でも守り神としてあがめられています。ヘビは、あの山の門番なのかもしれないと思いました。あの金色にかがやく目で見つめられたら、すくんでしまうと思いました。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

絵物語 古事記 / サラとピンキー ヒマラヤへ行く / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / 妖怪一家九十九さん(6) 妖怪一家のハロウィン / サラとピンキー パリへ行く / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ

大庭 賢哉さんのその他の作品

はじけろ!パットライス / シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / ファーブル昆虫記 / トマとエマのとどけもの みちをたどるおはなし / 笑われたくない! / 魚屋しめ一物語



独特の造形と色彩の世界観を楽しんで!

シノダ! (4) 魔物の森のふしぎな夜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット