だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ナイル川とエジプト
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナイル川とエジプト


出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ナイル川とエジプト」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

古代文明にロマンを感じます!

やっぱり、福音館書店の「たくさんのふしぎ傑作集」シリーズはいいですね〜。
古代エジプトの繁栄を子どもにもわかるような内容で、説明してくれている写真絵本でした。

エジプトに旅行した私の友人の話ですが、ピラミッドの中に入ると、とても思議な感覚にとらわれるんだそうです。
そして、初めて旅行した土地なのに、なんだか懐かしい気分になり、もう一度訪れてみたくなるそうです。
私はまだ、エジプトに入ったことがありませんが、この絵本を見て、一度は行ってみたいな〜と、ますます思うようになりました。
題名にもあるように、古代エジプト文明はナイル川と共にあったんです。
(どちらかというと、こっちの「河」を使いたいですが題名が「川」なので…)
砂漠地帯の中に唯一栄えたナイルの繁栄。
この絵本ではピラミッドをはじめとする数々の写真や図、当時の人が描いた壁画絵をフルに使って、小学生くらいでも十分理解できる。
そして、興味の持てる内容になっています。
こういう素敵な本にたくさん触れて、自分の中のたくさんの可能性を見つけられるそんな子どもたちがたくさん増えてくれるといいなぁ、と改めて思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ナイル川とエジプト

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット